本文へスキップ

TEL. 03-3501-6710

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル

財団の事業

事業内容

○○○○○○○○イメージ

1、論文賞:FAおよび産業用ロボット技術に
  関する研究業
績の表彰

・目的
 「FA」および「産業用ロボット」、ならびに「これらに関する技術」に関する研究開発の奨励およびその進展、人材の育成を促進することを目的とします。
・対象者
 その内容が独創性に優れ、かつ工業的価値が高いと認められる論文の著者で、大学、公的研究機関、および企業の研究者または技術者を対象とします。
                  (学会およびその他の表彰制度により既に表彰を受けた論文も対象となります。)
・審査
 本財団より、精密工学会、日本機械学会、日本ロボット学会、計測自動制御学会、電気学会、および平成27年度から追加された砥粒加工学会、プラスチック成形加工学会に、「FA」および「産業用ロボット」、ならびに「これらに関する技術」に関する優れた論文の推薦を依頼し、各学会より推薦された論文を本財団の審査委員会で審査し、選定します。(従って、表彰候補論文は、これらの学会の論文集に掲載された論文となり、公募はいたしません。)

・2022年度「論文賞」が決定し、表彰式が開催されました。
 本財団の依頼により7学会から推薦された17件の論文について、審査委員による事前の書面審査と2022年9月27日に開催された全員出席による審査委員会での公平かつ厳正なる審査の結果、合計8件の候補論文が選定され、10月17日の第31回理事会で承認を得て下表の通り決定いたしました。
 表彰式は2022年12月9日(金)の11時30分から、東京・霞が関の霞山会館で開催されました。

<2022年度「論文賞」受賞論文一覧>

 番号 論文題名 (推薦学会・掲載誌)   論文著者(発表時所属機関)   
下線は著者代表
 1

砥粒の滞留性に着目した微粒子添加ラッピングによる研磨特性の向上

(砥粒加工学会・砥粒加工学会誌誌 Vol.65, No.4, 2021)
村田 順二立命館大学)
谷 泰弘((株)ツールバンク)
桐野 宙治((株)クリスタル光学)
 2

Linear Interpolation of machining tool-paths with robust vibration avoidance and contouring error control

(Precision Engineering, 66, 2020)

Burak Sencer (Oregon State Univ.)
Yasuhiro Kakinuma (Keio Univ.)
Yuki Yamada (NSK)
 3

An absolute surface encoder with a planar scale grating of variable periods

(Precision Engineering, 67, 2021)

Yuki Shimizu, Ryo Ishizuka
Kazuki Mano, Yuri Kanda
Hiraku Matsukuma, Wei Gao
(Tohoku Univ.)
 4

6本のワイヤを利用した3台の位置制御型マニピュレータによる
       大型物体の位置決めシステム

(日本機械学会・日本機械学会論文集 Vol.86, No.890, 2021)

大隅 久(中央大学)
荻坂 まりな、押川 慶則、関村 悠太福井 健人(以上中央大学大学院)
相山 康道(筑波大学)
 5

自走式墨出しロボットのための高効率作業計画

(日本ロボット学会・日本ロボット学会誌 Vol.39, No.1, 2021)

鶴田 壮広、宮口 幹太、藤井 中
(以上(株)竹中工務店)

 6

非平行性と粘弾性を両有する劣駆動関節機構を用いた
         非把持マニピュレーション

(日本ロボット学会・日本ロボット学会誌 Vol.39, No.6, 2021)
栗田 泰輔、東森 充
(大阪大学大学院)
  7

定常非ニュートン粘性多層流動に対する
   一般化2.5次元有限要素法による定式化

第2報:疑似界面包み込みモデルの実装と実験検証

(プラスチック成型加工学会・成型加工 Vol.33, No.12, 2021)

谷藤 眞一郎依藤 大輔
(以上(株)HASL)
鬼防 崇、辰巳 昌典
(以上(株)プラスチック工学研究所)

・番号は受付学会順

・2023年度の「論文賞」は、以下の日程で実施の予定です。
 表彰件数は7件(若干の増減あり)で、1件あたりの副賞賞金は100万円を贈呈する予定です。

   ・候補論文の推薦依頼     2023年2月中旬
   ・論文推薦の締め切り           6月下旬
   ・表彰論文の決定               9月下旬(発表は10月上旬)
   ・表彰式                    12月中旬



・事業実績
  論文賞の表彰件数  148件 (本財団設立時から2022年度までの累計、特別賞や業績表彰を含む)


○○○○○○○○イメージ

2、1項に掲げるもののほか、本財団の目的を
  達成するための事業


 本財団設立時から
平成13年度まで、
FAおよび産業用ロボットに関する研究開発、
海外で開催される国際会議へ出席するための渡航費、
日本で開催される国際会議の開催費用
について助成を行いました。

・事業実績
  研究開発助成       165件
  国際会議渡航費支援    184件
  国際会議開催費支援     41件



・過去の「論文賞(含む特別賞)」一覧(平成14年度〜2022年度)はこちら(PDF)

・過去の「業績表彰」一覧(平成元年度〜平成13年度)はこちら(PDF)

・過去の「研究開発助成」一覧(平成元年度〜平成13年度)はこちら(PDF)


copyright©2012- FA Foundation all rights reserved.

サブナビゲーション